Please reload

maya コントロールリグ編③

February 16, 2016

どうもお疲れ様です。hiroroです。

 

さて、コントローラは前回の記事で無事終わりましたけど、どうですかね出来ました?

記事書いてるときに疲れてきて多少強引な終わりかただったような気もするんですけど・・・。

 

まあ、いいとしましょう。

 

今回はドリブンキーというものなんですけど、簡単にいうと制御ですね。

 

人間のキャラを動かすにしても、動きの限度があるじゃないですか。

たとえば腕はどこまで曲がってとか、顔も360度回転しないじゃないですか。

 

でも、今のところキャラクターは無限に回転できたり、やりすぎによるポリゴンの破壊が起こったり、制御できてないんですよね。

 

なので、このドリブンキーで「どこまで曲がって、それ以上は曲げれません・・・」という設定をモデルに設定することができるんです。

 

自分も全然設定したことないので少しずつ覚えていきましょう。

 

と言っても足のドリブンキーしかやりません。

monsterさんは指のジョイント入れてないので足のみです。

ですが、やることはほぼ変わらないので大丈夫だと思います。

 

 

ではさっそく。

 

前回の続きなのでコントロール足が終わってからのスタートになります。

 

①足(FootRoll)の制御

 

■ CTRL_Foot_Lを選択した状態にします。

 

  チャンネルボックスから編集をクリック。

 

 

 アトリビュートの追加を選択。

 

 こいつが出てきます。

※他のコントロールなどクリックした場合選択してるものがずれるので注意。

 

ロングネーム:FootRoll

最小:-10

最大:10

既定:0

 

こなように設定してください。

 

 

できましたら、追加をクリック。

 

するとCTRL_Foot_LのチャンネルボックスにFootRollが追加されます。

 

 今度は同じように

ロングネーム:ToeRoll

最小:-10

最大:10

定:0

 

※Toe = つまさき

 

 

この設定したFootRollもToeRollも最大数値が10で最小数値が-10になってます。(設定しましたよね)

数値を中ボタンなどで上げてみたり下げてみたりすればわかると思います。

※まだ表示するものが出来ただけで何も変化はありません

 

■ ドリブンキーの設定。

 

1、画面をアニメーションにする。

2、ツールから【キー】を選択。

3、ドリブンキーの設定を選択。

4、何度もドリブンキーを使うのでツールを根こそぎ取っちゃいます。

  ここをクリックすると取れます。

 

 

ドリブンキーの設定:設定を選択。

※このときはコントローラなどは選択してなくていいです。

 

設定押したらこれがでてきます。

 

1、CTRL_Foot_Lを選択。

2、ドライバのロードを選択。

3、ドライバの欄に表示される。

 

 1、FootRollを選択。

2、アウトライナからGRP_Foot_a_LとGRP_Heel_LとGRP_Foot_Lを選択します。

3、ドリブンのロードを選択。

4、ドリブンの欄に表示される。

 

1、ドリブン内でGRP_Foot_a_LとGRP_Heel_LとGRP_Foot_Lを選択します。

2、回転Xのみ選択。

3、FootRollの数値が0なのを確認。

4、ドリブンキーの【キー】を選択。

 

 

これでCTRL_Foot_Lの【FootRoll】の0の状態を覚えさせました。

 

■FottRollの-10を設定する。

 

1、FootRollの数値を-10にする。

2、ドリブンキーをそのままにしておく。(いじらない)

 

 

1、CTRL_Heel_Lを選択。

2、ここが限界だな!っていうとこまで曲げる。

3、数値の小数点以下を消す。(消さなくてもいいけど、微妙だと気持ち悪いので)

4、ドリブンのキーを選択。

 

 

これでFootRollを-10にしたら曲がり0にしたら既定の位置になります。

うまく出来たでしょうか。

 

出来ない場合は何度もZキーで戻って設定しなおしてください。

 

■ FootRollの5を設定する。

 

1、FootRollの数値を5に。

2、GRP_Foor_Lを選択。

3、いいとこまで曲げる。(まだ5の段階なので、そこを踏まえて)

4、小数点カット

5、ドリブンのキーを選択。

 

 

 

■ FootRollの数値10を設定する

 

と、その前にさっき設定したGRP_Foot_Lの回転Xの軸の数値をに戻しておきます。

 

 

 1、FootRollの数値を10にします。

2、GRP_Foot_a_Lを選択。

3、GRP_Foot_a_Lをいいと思うとこまで曲げます。

4、小数点カット

5、ドリブンのキーを選択。

 

 

 

これで-10か10まで完成したんですけどどうですかね。うまくいけましたか?

 

※うまくいかないとき※

 

☆自分がここでうまくいかなかったのはいいとこまで曲げて小数点カットドリブンのキーを選択。おわり。

 だけど、FootRollの数値を変えてもなにも起きない・・・曲がらない。

 

 このときのミスは小数点を変えるときに他のグループの回転Xのチャンネルボックスを選択したままドリブンキーを押すから設定できなかったときがあって、要はドリブンキーを押す前に最後にCTRL_Foot_LのチャンネルボックスのFootRollをクリックして選択状態にしてからドリブンキーを選択するとたぶん出来ると思います。

 

 

 

②足(ToeRoll)の制御

 

■ ToeRollの0数値の設定。

 

1、ドライバにCTRL_Foot_Lを選択してある状態だと思います。そのまま続けてるので。(もし消してしまった人はCTRL_Foot_Lを選択してドライバのロードを選択してください。

 

2、Toe Rollを選択。

3、アウトライナからGRP_Foot_a_L(つまさき)を選択。

4、ドリブンのロードを選択。

5、ドリブンの欄にGRP_Foot_a_L(つまさき)が追加される。

6、ドリブンから回転Xを選択。

7、CTRL_Foot_Lを選択してチャンネルボックスのToeRollが0であることを確認。

8、ドリブンのキーを選択。

 

 これでToeRollの0の設定完了。

 

 

■ ToeRollの-10を設定。

 

 

1、GRP_Foot_a_Lを選択。

2、いい感じのとこまで曲げます。

3、小数点カット

4、CTRL_Foot_Lを選択。

5、ToeRollの数値を-10をクリックして選択状態にする。

6、ドリブンのキーを選択。

 

 

 

■ ToeRollの10の数値設定。

 

0、ToeRollの数値を10にする。

1、GRP_Foot_a_Lを選択。

2、いいとこまで曲げる。

3、小数点をカット。

4、CTRL_Foot_Lを選択。

5、チャンネルボックスのToeRollの部分をクリックして選択状態にする。

6、ドリブンのキーを選択。

 

 

 

 ここまでが今回のドリブンキーの説明となります。

 

あとはもう片方の足を設定してみてください。

 

他には最初にも触れた指などを曲げるときですね、説明しませんが・・・w

 

明日はコントロール リグの最終回というよりOVAみたいなオマケです。

 

小技みたいな。

 

 

 

Please reload

Featured Posts

スリープレス

May 20, 2018

1/10
Please reload

Recent Posts

June 18, 2018

June 12, 2018

June 11, 2018

June 4, 2018