Please reload

あれも、これも、それも。

June 20, 2016

やっほです。

 

ヤッホー。

 

ほーーー!

 

 

謎テンション。

 

 

今日は前回に紹介した参考書「MAYA キャラクタークリエーション -プロが教えるフォトリアル人体制作術-」を読んだので感想を。

 

 まず一言。。。

 

 

いいぞ、これ。

 

 

 

 

 

 

 

 

まず読みやすい。

 

これは結構大事。

 

文字そして画像の割合がいい。

 

Mudboxは持ってないから心配だったけど、そこまで出てこないので他のソフトでも全然応用できる。

 

独学の自分ではわかりえない部分が多かったので非常にためになる。

 

 

 

あとは体の仕組みなどリアルな人体制作が目的なので結構なページを割いてます!

ここらへんはホント筋肉や骨だらけですw

 

しかし、ちゃんと機能の説明やポイントも書いてますのでちゃんと読み進めればモデル作成からリギング、コントローラと覚えることができると思います!

 

最後の方にはアニメーションやライティング、レンダリングの設定方法も書いてあるので結構ためになります!

 

 

 

 

 

ただただ個人的なあれなんですが・・・・・まだ読んだだけで実際には作れてないので早く勉強したい。

 

 

 

読んだ限りでは丁寧に教えてくれますが、初心者には難しいと思います。

 

でも、読み進めたら出来るかな???

 

 

中級者向けな気がします。

 

 

ジョイントやコントローラの解説が結構難しいと思います。

 

 

あとはテクスチャ部分ですね。モデルに色をつけるときの説明がMudboxの説明なので持ってない人は他のソフトでペイントする必要があります。

 

その前にUV展開してるので色んなソフトで出来ると思いますが、、mayaにもペイントツールあったよね?それで何とか・・・・なるのか?

 

わからん。

 

 

 

でも、最初に言ったように読みやすいですし、これあればキャラクターを作って動かせます!

 

mayaのリギング本はもう1冊ありますけど、あれもなかなか難しいですがそれよりかはこちらの方が簡単だと思います。

 

 

値段はそこそこしますけど、ちゃんとリギングを覚えたい人とかコントローラどうすれば??って思ってる人は買って損しないと思います。

 

 

モデルがおっさんなのはちょっとね・・・。

 

 

 

今の作業が落ち着いたら早く読みながらやりたいですね。

 

 

 

今日はここまで

 

 

おわり

 

 

 

Please reload

Featured Posts

スリープレス

May 20, 2018

1/10
Please reload

Recent Posts

June 18, 2018

June 12, 2018

June 11, 2018

June 4, 2018

May 27, 2018

May 20, 2018

Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
sato hiroro all right reserved.