Please reload

【4月制作】トッペマ②

April 18, 2017

どーもです。

 

今日はテクスチャ編です。

 

使ったソフトはmayaとSubstance Painterです。

 

流れはmayaでUVを展開してSubstance Painterで色をつける感じです。

 

 

 

 

mayaでのUV展開はいつも説明してるので割愛!

 

 

 

Substance Painterへのインポートなんですが、まずmayaでUV展開したら僕の場合obj(FBXでも可)で出力します。

 

 

でSubstance Painterに行くまえにSubstance DesignerにてマテリアルIDを作ります。

 

 

ここらへんもスクショ撮ってなかったな・・・・。

 

 

 

 

 

せっかくなんで簡単に説明しますね。

 

 

 

今回のUVの組み合わせは服と胸についてるボタン、そして靴が混ざってるUVです。

 

 

さっき言ったマテリアルIDというのはこのバラバラのモデルを色で分けてテクスチャを作るときに楽に色をつけよう!というものです。

 

言葉じゃ伝わらないのでやっていきますね。

 

 

 

まず、出力しますのでこの3つのモデルを選択して出力します。

 

 

※3つ選択しての出力です。

 

 

 

そうすると3つのOBJファイルが出てくるのではなくて1つにまとまってるOBJファイルが出力されるので今度は出力したファイルをSubstance Designerで読み込みます。

 

 

まず新規から設定はデフォルトでいいので表示させます。

 

 

未保存のパッケージを右クリックでリンク→3Dメッシュを選択。

 

 そこで先ほど出力したファイルを選択します。

 

 名前は『test』で出力したのでtestと出ました。

クリックするとモデルを読み込みます。

 

 

今度は出力したファイルを右クリックしてbake model Informationを選択。

 

 

そしたらシーンの情報のベイクが現れます。

 

 

ここに表示されるのがOBJの中身で3つのモデルを選択して出力したので1つのファイルの中に3つのファイルがあることになってます。

 

右端のcolorってところが同じ赤色なのでここの色を変えます。(色のところをクリックね。

 

 

 

色を変えたら画像真ん中下のカラーモードをマテリアルIDカラーにします。

 

そしてOK。

 

 

またファイルが追加されてるのでクリックすると右下に色分けされたマテリアルIDがでるので画面に書いてある箇所をクリックしてマテリアルIDを出力して完了です。

 

 

 

ちょっと記事が重いので明日に続く

 

 

おわり

 

 

 

 

 

Please reload

Featured Posts

スリープレス

May 20, 2018

1/10
Please reload

Recent Posts

June 18, 2018

June 12, 2018

June 11, 2018

June 4, 2018

May 27, 2018

May 20, 2018

Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
sato hiroro all right reserved.