Please reload

不定期ゾンビ②

May 8, 2017

どーもですよ。

 

今回はリアルな造形にするためのコツを聞かれたのでコツを。。。

 

と言ってもリアルな制作はしておらずあくまでモンスター要素を含んでます。僕の作るものは笑

 

 

なので説明しろと言われても出来るかわかりませんがやっていきましょう。

 

 

よく言うのがリファレンスを集めろ!

 

ってことで人間の顔を検索。

 

 でも、僕たちは人間ですから何よりも一番人間見てるのでなんとなくこういうのを見なくても作れたり出来ます。....が、やっぱり必要ですよ。鏡あれば自分を見ながらでもいいですし。

 

 

 

zbrushなどで造形するときにどうしても似つかないのは詰めの甘さです。

 

 

 

例えば今回制作中のゾンビさん。

 

 目、鼻、口、耳があれば人間に見えてしまうんですが、そこからより人間にみせるのは骨の形や肉のたるみです。

 

画像のように頭横は平らに凹んでます。

 

頬っぺたの膨らみ。

 

耳までは膨らみは少なく平らが多い。

 

ほうれい線も作ってそれに沿って頬の範囲を決めたり。

 

 

 

顔だけじゃなく首も骨の膨らみを意識するとより人間に近づきます。

 

首まわりの筋は凹んでいたり。

 

でも、喉仏は膨らんでいたり。

 

鎖骨のラインは実は肩まで繋がってるとか。

 

鎖骨のラインの下から胸筋の膨らみが現れる。

 

胸筋と胸筋の間には縦に線を引く。

 

これで凹凸をはっきりさせる。

 

 

 

 

背面も首あたりから下に向かってラインを引いて凹ませる。

 

背中の筋肉も首から下に向けて広がっていくように膨らませていく。

 

 

後頭部は耳の後ろから首にかけて少し凹ませたり掘ってあげればそれっぽく見える。

 

 

 

黒ラインが膨らむ部分(骨)

緑が凹む部分

オレンジがバランス。

 

 

顎のラインは絶対耳の部分までとか。

ここをきちんとしてくと締まる!

 

 

 

耳も大体の形はインプットされてるけど、実際の形は結構複雑で淵だけではなくて内側の膨らみ方も画像とかを見ながらやるだけでだいぶリアルになる。

 

 

 

どうでしょうか。。。

 

 

たぶんわかりづらいですよね。笑

 

 

 

でも、こういうことなんです!

 

 

 

 

部分ごとに見ていって膨らませるとこ、凹ませるとことちゃんとやっていくとそれだけでリアルになります。

 

 

 

この画像のライン部分をDam Standard Brushやclay build up brushでやるだけでも大分違います。

 

 

最初の方で書いたリファレンスを集めるとはこういうことなんだと思います。

 

プロの人でもちゃんとリファレンスを大量に集めてから制作に入るのは細部まで真似ることでより完成度が高いものが作れるからだと思います。

 

 

 

大事なことなんでもう一度、膨らみや凹みを真似るだけです!

 

 

 

 

今回用意した画像はまだアルファなどで皺とかを入れてないのでリアルにはほど遠いですけど、アルファとか入れる前は大体こんな感じですw

 

 

 

皺や質感をいれることで一気にリアルさが出るのでラフはこのくらいでいいと思います。

 

 

ラフですけど、大事な土台ではあるので集めたリファレンスを見て凸凹をちゃんと表現出来てれば完成が良くなると思います!

 

 

 

 

あと、大事なのは全方向から何度も見て確認して作業を進めることです。

 

 

どうしても2D感覚で進めると正面からは良く見えても横から見ると悲惨な形になってることが多いので全方向から確認しつつ作業を進めるというのが大事かもしれない。

 

 

 

 

あとリトポとかUVとったあとアルファとか皺入れ作業に入ると思うんですが、その前に左右対称を切って非対称にするとまたリアルさが増します

 

人間で左右対称の人なんてたぶんいないですからね。

 

 

 

そんな感じです!

 

 

 

 

今日はここまで。

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Featured Posts

スリープレス

May 20, 2018

1/10
Please reload

Recent Posts

June 18, 2018

June 12, 2018

June 11, 2018

June 4, 2018

May 27, 2018

May 20, 2018

Please reload

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
sato hiroro all right reserved.